Thursday, October 30, 2008

[廈門] 珈琲店の「老外」たち


・・・喫煙室は商談の場になっている。ラフな格好で声の大きい米国人がよく利用している。流暢に英語を話す中国人と細かい数字をつめている。昼間に姿を見せることが多いことから会社勤めには見えない。本国の会社の間に入って仲介フィービジネスか。時々かかってくる電話にむかって中国語で対応している。イントネーションに癖があるとはいえ、なかなかのものだ。・・・ (全文を読む

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home