Wednesday, October 29, 2008

[廈門] 二人の"本郷義明"


もう十六年前のことになる。ある雑誌で東アジアのあれこれについて連載記事を書いた。そのなかに中国についての一文がある。ここでのキーワードは「中国の開放」。しかし今現在この文を読んで感じるのは「余計なお世話」。悠久の歴史を持つこの地は、外国人にとって一筋縄でいくものでない。ただただ「中華」の意味を知らしめされることになるのがオチだ。余計なお世話だが、その際の一文を再録。 ・・・ (続きを読む

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home