Thursday, February 07, 2008

東アジアは「停看聴」:[廈門・607天] 離開ー大晦日の食卓

大晦日の夕食、鍋に火を入れようにも電気プレートは暖まらない。客庁(客用の居間と思えばいい)に照明もない。それになによりしんしんと寒い。蝋燭を四本立てて雰囲気だけは醸し出している。乳飲み子を抱える姐姐の弟がLCDの懐中電灯をかざす。親父さん、厨房からLPGボンベと鍋を持ち込む・・・。

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home