Tuesday, September 26, 2006

東アジアは「停看聴」:[廈門・111日] Light-up

ここにきてからというものの、政治的な出来事にまだ遭遇していない。我が秘書が冗談に「日本鬼」とか南京大虐殺がどうとか口にするものの、他の人間が私に対して敵視する眼差しにも出あっていない。至極平和なのだ。揚子江の南は穀物に恵まれ、気候に恵まれ、だから戦って何かを獲得する必要としなかったのだろう・・・

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home