Saturday, December 23, 2006

[廈門・199日] 湯圓

・・・出勤してみると、一人の秘書嬢がやってきました。「アイヤ!忘れた!湯圓もってくるの!」と一言。聞いてみますと、このあたりでは冬至に湯圓 [ tang1yuan2 ] を食する習慣がまだ残っているのだそうです。日本と同じであります。湯圓は中にあんこの入った餅米でつくる丸いお団子を、煮汁に浮かしたものであります。煮汁にはお砂糖をたっぷり入れるのです。・・・

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home