Monday, December 18, 2006

[廈門・194日] だらしのない猫

一瞬日本に戻った際の我が愛猫の寝姿。相変わらずだらしのない格好で惰眠している。こいつは人見知りをする。半年ぶりに顔を合わせると、そそくさと縁の下に逃げ込んでしまった。いっときを過ぎると、他の猫たちが私の周りで和んでいるのを見てか、彼もここに加わってきた。いつまでたっても人見知りが抜けない。翌日にはこれこの通り、縁側のライティングビューローで私がいようが我関せずとこの姿。あきれるやら微笑ましいやら。・・・

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home