Sunday, October 22, 2006

[廈門・137日] 毛沢東の子供たち

・・・廈門でも話題になっている食い物屋があるというので行ってみた。店の名前が「老知青」。七十年代の学生運動に荷担した人間には、「オッツ!あれか!」と手 を打つに違いない。文化大革命という中国国内の内紛の時代、「下放」といって、学生は実社会で体験を積め!地方に学べ!農村で働こう!運動があった。当 時、わたしはいたく感激した記憶がある。どこかで今の千葉の片田舎のもとになったみたいなものかもしれない。「知青」という名付けた店、では一体どんな店 なのか。・・・

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home