Saturday, March 03, 2007

A Cup of Asian-Tea: [廈門・270日] 光の元宵節

・・・ホテルの客もほとんどなし、私と従業員の居残り組と、ピアノの先生、夕方になると集まってきては、明かりを絞った地下のスナックで賭け事に熱中した。基本的にホテルの従業員は賭け事が禁止されている。ただいっとき、子供も従業員も賭け事が許された。それが過年から小正月、つまり元旦から元宵節までの十五日間。元宵節には灯籠を流し、灯明をともし、大小様々な形をした提灯をつるし、空にとばす・・・

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home