Monday, October 29, 2007

東アジアは「停看聴」:[廈門・508天] 先行き

この一ヶ月、明日はどうなるのだという状況を切り替えるに十分の時間だった。トップの、あらぬ言いぐさの犠牲になったり、緊縮財政へと、表向き動き始め、不可解な体制と、人員整理、この十月末までに何人もの方々が去っていくことになっている。気分は最低、仲間うちの顔つきも目つきも正常ではなくなっていた。・・・

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home