Saturday, September 22, 2007

東アジアは「停看聴」:[廈門・471天] 気が楽になったこと

前回、賄いオバサンが来るようになったことを書いた。おかげで帰宅すると料理がすぐに出てくる。不思議な感覚を味わっている。そんなことを期待したことなぞいままでなかったが、さすがに一人の生活が長引くと、いいものだと思ってしまう。多くの方々がそうしてきたのだろうが、勝手気ままに暮らしてきたわたしにはなかったものなのだ。・・・

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home